薬剤師の体験談│Uターン転職でプライベートも充実

薬剤師転職体験談 - 研究職から地元の調剤薬局へ

私は薬大卒業後、都内の製薬会社に研究職として入社しました。研究職は年収も高く、新薬開発というやりがいのある仕事ではありましたが、その忙しさといったら凄まじいものでした。同僚の中には、あまりの多忙さゆえに体を壊した人もいました。そんな様子を横目でみながら「いつか自分も‥」という不安がつきまとい始めました。
薬剤師が転職するのにベストなタイミングとは?!

そんな折、久しぶりに大学時代のサークル仲間と再会しました。彼が転職したと聞いたときには正直驚きましたが、自分も転職するなら30才目前のいまがチャンスかもしれないという思いにかられました。友人が薬剤師専門の転職サイトを利用したことを聞いて、私も早速、行動開始。

自分の環境を変えるという意味でも、転職先は実家の福岡と決めました。そして、土日はキチンと休みをとることができ、遅くても19時には終業可能なところ、要するにプライベートな時間が確保できる転職をしたかったんです。これらの希望条件を転職サイトのコンサルタントの方に伝えました。

早速、いくつか求人案件をピックアップしてくれて、各社の給与に関することや違う職種から転職した方の事例を詳細に説明してくれました。そして、将来、どのような立場になりたいのか等を考える機会を与えてくれました。

私自身、地方の調剤薬局の管理薬剤師になれば、万々歳だな‥程度にしか考えていなかったので(将来よりも、現時点の環境を変えたい気持ちが勝っていたので)、コンサルタントとの相談の中で、管理薬剤師になるという目標が現実味をおびてきました。なので、結果的に5社面接を受け、4社内定を頂戴しましたが、決め手になったのは福利厚生の充実さでした。

年収は、研究職のときより60万円近くダウンしましたが、大手調剤薬局なので研修制度も充実しており、福利厚生もしっかりしているので、プライベートも充実できています。又、管理職ポストも豊富にあるので、将来、管理薬剤師になるのも夢ではなさそうです。

転職サイトのコンサルタントの方は転職に関するアドバイスもさることながら、東京から福岡へ面接に出向く大変さを考慮して、1日で全社の面接ができるように上手く調整してくださいました。ここまで、ご配慮してくださるとは思ってもみませんでした。本当に助かりました。

日本の薬剤師の処方権

薬剤師は白衣を着て病室を回り、患者さんに服薬指導をします。薬剤について、効果効能、用法、そして副作用の有無などは本来医師が担うものです。ですが現状は薬剤師が上記のようなことを薬剤師が行っています。

しかし薬剤師には処方箋権はありません。医師の指示がないまま処方薬の内容を勝手に変えたり、追加で処方することはできません。またジェネリック薬品の処方にもかかわらず、薬局に新薬しか置いていない場合、医師の確認を要する場合があります。

薬剤師は必ず医師の指示のもとで動かなければなりませんが、場所によっては薬剤師を「先生」と呼ぶところがあるそうです。このような習慣は、薬剤師と医師の明確な線引きを明確にしてなくしていかなければなりません。そうしないと今後トラブルの元になってしまいます。

では薬剤師の存在意味はなんでしょう。それは処方された薬剤に間違いがないかの最終確認をすることなのです。ですがアメリカの薬剤師は違います。患者一人一人に合わせ薬を調合し投薬まで行います。そのため医療スタッフから頼られる存在であり、地位も高いのです。

それは、アメリカでは健康保険に加入することが必ずしも義務ではないからです。そのため、高いお金を払って病院に行くよりも薬剤師に薬を処方してもらう方が安いという理由があります。またそれ以上に薬剤師に対しての信頼感があります。

今後薬剤師が処方権をアメリカのように持つのかといえば、それはわかりません。専門家の間でも意見は分かれています。しかし、薬剤師に処方権を与えると、薬剤師の裁量によって患者の治癒に影響が出てしまいますので簡単に応えは出せない問題です。

ですが昨今薬学科が6年制になったり、専門薬剤師という専門性の高い薬剤師が出てくることにより、薬剤師の存在が見直されています。専門薬剤師は医師にアドバイスをすることがありますが、これは昔ながらの風潮が残っている病院にとっては大きな事件と言えるでしょう。

薬剤師の地位を考えた時、アメリカの方が良いように思えるかもしれません。しかし日本ではそれぞれの役割に専念しています。両方に良いところがありますので、もし薬剤師の地位を試みるならば、専門薬剤師になることが良いように思います。